鍼灸のやり方について

針鍼灸のやり方について紹介しましょう。鍼治療では針を刺すことになります。その際には部位や体の状態によって長さや太さの異なる針を用います。筋肉が浅いところには短い針を使って、逆に筋肉の深いところには長い針を使うのです。太さについては髪の毛くらいのものから注射針くらいのものまであります。痛みについては刺すときに少し生じます。

針の刺し方としては、管の中に針が入っていて、頭から叩きながら針を刺していきます。これは中国のやり方とは異なったものとなっています。日本で採用されている方法の方が痛みは感じにくくなっています

針を刺したあとは基本的に放置をしておきます。場合によっては細かく針を動かしたり、あるいは針に電気を流すというケースもあります。先生によってもやり方は異なるでしょう。

基本的に鍼治療を受ける前に気をつけるべきことはないでしょう。ただし、治療を受けた後は血液の流れが良くなっています。そのため、長風呂には注意しましょう。また、できるだけ安静にしておくことが大切です。

お灸についてはもぐさに火をつけて行います。個人でも気軽にやることができます。ドラッグストアで道具を買うこともできます。クリニックではそれぞれの患者に合わせたお灸をします。

鍼灸の効果とは

クリニックでは鍼灸治療を受けることができます。これによってさまざまな効果を期待することができるでしょう。まず、そもそも鍼灸によってどうして効果が出るのかは分かっていないことが多いです。たとえば針を刺した刺激によって自律神経系や免疫系に働きかけることができて、これによって自己免疫力や鎮静効果を向上させられるという説があります。他にも筋肉の緊張をゆるませることができて血流が良くなることで症状が改善されるという説や、末梢神経からの痛みの信号を遮断することで痛みを抑えられるという説もあります。灸については熱刺激によって血行が改善されるとされています。

腰痛このような鍼灸治療によって効果を期待できる症状はたくさんあります。よく知られているのは腰痛や肩こりなどでしょう。これだけではなくて、自律神経失調症や眼精疲労、便秘といった症状にも効果があるとされています。また、捻挫や気管支炎、リウマチといった病気にも効果があるといわれています。女性の場合は更年期障害や生理痛、月経不順などにも対応しています。

これら以外にもさまざまな症状の治療に効果があるとされているのです。WHOも認めている列記とした医療技術が鍼灸なのです。体の悩みを解決してくれるでしょう。

クリニックで鍼灸

近年、ストレスやアレルギー、あるいは慢性疲労などによって病気になる方が増えています。生活習慣病も問題視されているでしょう。これらについて西洋医学だけでは対応できなくなっています。たとえば、具体的な病気があるならば、それは西洋医学で対処できるのですが、なんとなく不調だったり、気分が悪かったりする場合に、西洋医学では対応できないことが多いのです。

針このような状況の中で昔ながらの医療が見直されています。それが東洋医学です。東洋医学は今でも世界中で注目されており、重宝されています。その中でも特に鍼灸治療というのは注目度が高いです。鍼灸のメカニズムについての研究はどんどん進められており、新しいこともいろいろと分かっているのです。子供からお年寄りまでが鍼灸によって自分の体を健康にすることができるでしょう。

東洋医学というのは西洋医学とは異なるアプローチによって治療を進めていきます。体が一つの小宇宙であるという考え方をしており、バランスが崩れてしまうと病気が発生すると考えているのです。鍼灸によってそのバランスを整えることが可能であり、それによって機能回復を実現することができます。

こちらでは昔から日本で重視されてきた鍼灸治療に関して紹介しましょう。鍼灸治療に対応しているクリニックはたくさんあります。鍼灸によって長年悩まされてきた体の不調を解決できることもあるのです。鍼灸治療に関する詳しい情報を提供しましょう。

関連リンク:関内クリニックの診療案内
鍼灸治療に対応しているクリニックのホームページです。